読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

katsuyukikun’s diary

とある天パーエンジニアのblog

ジャイアントキリング漬けのGW

GWが終わりました。

 

始まる前にやりたいことをリストアップしましたが・・

 

結果なにひとつできませんでした笑。

 

理由は、、時間の見積もりミスです!

GW前に、僕たちのプロジェクトチーム内で「チームの共通理解、共通言語を作りたいよね」ということでGWの宿題として漫画の「ジャイアントキリング」を読もうとなりました。

 

 

 

 

現段階だと42巻くらいまで出ていたと思います。これ読みきるのに1日で問題ないだろうと見積もっていました。それはなぜか・・サッカー漫画と聞いていたので文字数少ないって思っていたんですよね。

 

しかし、そんなことなかった。

 

はっきりいって名探偵コナン並みの文字数だなって思いましたw

まあ逆にいうと感情・環境・状況の変化が細かく描写してあるのでとても感情移入しやすいし、置いてけぼりにならないです。

 

 

実際どう過ごしたのか

 

5/3

14:00 漫画喫茶入店、とりあえず3時間パックで入る

14:10 ジャイアントキリングが見つからないので店員のお姉さんに質問→置いてないですねと言われる

14:15 このまま退店するのももったいないのでテラフォーマーズを読む

17:00 退店

 

 

 

5/4

14:00 前日とは違う漫画喫茶に入店。とりあえず店員のお姉さんにジャイアントキリングが置いてあるか確認、3時間パックで入る

14:10 ジャイアントキリングを発見

17:00 5巻くらいまで読んで時間になる。店員のお姉さんに「もう3時間居たいです」といって3時間パックで再入店

20:00 11巻まで読んで退店。

21:00 帰宅したが漫画を読むのに疲れすぎて就寝

 

 

 

5/5

13:00 前日と同じお店入店。同じ店員のお姉さん発見。5時間パックで入る

18:00 18巻くらいまで読んで時間になる。引き続き店員のお姉さんに「もう2時間居たいです」と告げて再入店

20:00 20巻まで読んで退店。

21:00 帰宅後、本を読みたかったが目が疲れて読む気になれないのでNetflixソーシャルネットワークを聞き流しながら就寝

 

 

 

5/6

10:00 前日と同じお店入店。時間が早かったせいか今までとは違う店員のお姉さんに対応してもらう。5時間パックで入る

15:00 28巻くらいまで読んで時間になる。延長してもらうためにカウンターに行ったところいつもの店員のお姉さん発見。5時間延長を告げて再入店

20:00 35巻まで読んで退店。

21:00 GW入ってなにもしていないことに気がつく。3時間仮眠

24:00 シャワーを浴びる。技術書と読みたかった本を読む

 

 

 

5/7

07:00 読み終わり少し眠かったので仮眠

10:00 前日と同じお店入店。午前シフトの(おそらく)店員のお姉さんに対応してもらう。5時間パックで入る

15:00 35巻くらいまで読んで時間になる。カウンターに行ったところ「延長なさいますか?」と午後シフトの(おそらく)いつもの店員のお姉さんに言われる。もちろん延長する。

18:00  寝落ちしながらも41巻まで読破。読み終わったので退店。気を遣われたのか少しお金安くしてくれたw

19:30 ブログ書く  ←イマココ

 

 

という感じでしたwww

 

 感想

 

やりたかったこと全くできませんでしたがこの漫画を読んでよかったなと思いました。

どう行動することがチームへ、組織へ、正しい貢献ができるのか、自分の役割を超えた価値を出すにはなにをどう考えて行動すべきなのか、その途中での登場人物たちの葛藤と乗り越え方、などビジネスに置き換えても学ぶことができる要素が多かった漫画だなと思いました。

キングダムと少し似てますね笑!歴史嫌いだけどサッカー好きという方にならオススメできるかもしれません。

 

 

 

最後に、一番好きなキャラ

東京ヴィクトリー 持田 蓮(もちだ れん)

 

f:id:katsuyukikun:20170507202158p:plain

 

 

持田の勝利への執念とプロ意識は純粋にかっこいいなと感じるとともにこういう思想を常に持っているビジネスマンになりたいと個人的には思ってますね笑。

ただ好きシーンは

 

「覚悟が足んねえんだよ!!!どいつもこいつも!!!

覚悟が出来ねえ奴なんか、サッカーやめちまえばいいんだ!!!

 

というシーンであり、この言葉。(画像がなかった・・)

みなさんはなにを感じますか??

 

 

 

 

 

終わり。